ピアノを売るまでの流れ

売る前のピアノ

私が子供の頃に母から譲り受けたアップライトピアノ。

 

いつか自分の子供も弾くようになるかもしれない・・・となかなか手放す決心ができなかったんです。

 

でもおそらく最後の子供になるであろう下の子も男の子だった為、うちには女の子がいないし、「もうピアノは必要ないかな」とやっと決心することが出来ました。

 

決心してまずした事は、「いくらになるのか」のリサーチです。やっぱり少しでも高く売りたいですからね。

 

ネットの一括査定に申し込みをして、すぐに返事があるわけではないので、その返事を待つ間に地元の楽器店などにも電話で問い合わせてみました。

 

傷み具合にもよりますが、ピアノの型番やメーカー、年数などを伝えるだけで大体の金額を教えてくれます。

 

そこでわかった事でしたが、我が家のピアノは35年前の物だったらしいので、ほとんどお金にならないという事でした。

 

近所の楽器店では逆にこちらがお金を払わないといけないとまで言われました。

 

結局我が家の場合、10社くらい話をして1万円で買い取ってもらえる所があったので、そこに決めましたがまだまだ使えるピアノなのに、安すぎる査定は悲しい現実でした。

 

ネット展開している大手の方が、遠い所から引き取りに来てくれるのに高値を付けてくれるといった感じでした。

 

引き取り先が決まればあとは日程を決めて、プロに運び出してもらうだけで、その時に代金も頂けました。こちらは特にする事もないので安心して任せられました。

ピアノを売る前の注意点

ピアノを売る前の注意点

我が家は大丈夫でしたが、ピアノ自体に問題がないように思っても、裏側を見るとカビていたとか、割れていたとかあるみたいです。

 

木でできているので、湿気でやられてしまうんですね。

 

査定額が決まっていても、当日このような場合は査定額が下がる時があるみたいです。

 

あとは付属品はすべて付けた状態で、少しでも綺麗な状態で渡すと多少査定額がアップするかもしれません。

 

我が家は一括査定と、地元の楽器店へ自分で問い合わせたりして20社ほど査定を申し込みましたが、返事が返ってきたのは10社くらいと半分ほどの結果でした。

 

一括査定は全国範囲で申し込みできるので、やっぱり遠すぎる所は返事がなにも無い・・・ということもあるんですね。

 

いつまでも待ってられないので、バンバンあちこち査定しまくった方がいいですよ。

 

我が家のピアノは35年も前の古い物だったので、なかなか値がつかず、逆に引き取りにお金がかかると言われた所から、5千円、8千円、1万円と3つの値段が提示されました。

 

勿論、こちらとしては少しでも高く買い取ってもらいたいので1万円の所にお願いしましたが、ピアノが「どこにおいてあるか」でも査定は変わってくるみたいです。

 

2階にある場合や1階でも出しにくく、クレーンを使わないと運び出し出来ない所、作業員が多く要りそうな場合など、こういった場合はやはり査定額からひかれるので注意が必要です。

 

そういった事も含めて事前に質問されると思うので、それも踏まえての査定になります。

やはり、一括査定が1番お得でした

ピアノを売るなら一括査定

一括査定の良い所はやっぱり「楽に広範囲で問い合わせできる」ということですね。

 

買い取り業者が遠い所でも各地に支店があったりするので、ダメもとで査定依頼を出してみる価値はありますね。

 

しかし、返事が返ってこない事もあるので、いつまで待っていたらいいのか・・・と急ぐ時にはちょっと困りますね。

 

我が家は特に急ぎでは無かったので、あちこち電話したり、ネットで検索したりする時間がありましたけれど、やはり会社によって金額は色々だったので、頑張ってアチコチ問い合わせる価値はあると思います。

 

ネットの一括査定の場合、型番・年式・メーカーなどを入力するだけなので何と言っても手軽にできるのがいいですね。

 

実際我が家のピアノはほとんどの所が悲しい事に「査定額0円」だったのですが、5千円、8千円、1万円と値を付けてくれた会社も3社だけですが見つける事が出来たのでラッキーでした。

 

0円と1万円じゃすごい差ですもんね(笑)引き取りに来てくれた会社は大阪からでしたが、やはりピアノ専門の会社だったので、仕事がスムーズで見事な運び出しでした。

 

あんなに重たいピアノをあっという間に出してくれたのにはビックリしました。やっぱりプロは違いますね。

 

電話の問い合わせだけだったら、値が付いていなかった我が家のピアノ。1万円でもお金にかえて貰えた事には本当に感謝でした。

 

次に利用することがあったらまたネットの一括査定で高値を付けてくれる所を探そうと思います。

更新履歴